今、時代は再び太田道灌 今、時代は再び太田道灌

太田道灌を大河ドラマに!!署名

新着情報

  • 2019/10/08

    伊勢原市にある心敬塚に作家の尾崎孝さんと行ってきました。連歌や俳句をやる人には非常に興味の湧く所だと思います。太田道灌や宗祇の連歌の会で判者をつとめた当代随一の歌人がこんな山の中で生涯を終えなければならない当時の厳しい時代が思い起こされます。江の島や大島の絶景を見ながら心敬は毎日何を思っていたのでしょう。遠く離れた都の惨状に思いを馳せていたのでしょうか。詳しくは「道灌紀行は限りなく」の尾崎さんの文章をお読みください。

  • 2019/09/28

    道灌びいきの会では東中野氷川神社や谷戸小学校近辺の中野の陣(城山)を見学しました。氷川神社の立派さに驚き、道灌の頃の中野の陣に思いを馳せました。そこに山吹公園を発見しました。最後は宝仙寺で記念撮影をしました。 写真はこちら

  • 2019/09/15

    2021年のNHK大河ドラマは渋沢栄一に決定されました。
    我々は先月8月21日に21万件の署名を持って佐藤制作局長の所に陳情に行きました。佐藤局長は大変熱心に太田道灌の本を読み、関心を示しておられ、真摯に対応をしてくださいましたが、残念ながら今回は違いました。考えてみれば「真田丸」は10年かけて27万件の署名を集め、「明智光秀」は7年かけて30萬件の署名を集めております。我々はまだ4年で21万件ですから、まだまだ努力不足と言うことができましょう。従ってこれを糧に我々は次の目標に向かって運動を続けることを決意しましたので、これからもよろしくご支援のほどお願い申し上げます。

  • 2019/08/10

    産経新聞国際書展表彰式が7月31日に高円宮久子様ご臨席のもとに開催され、太田道灌山吹賞の表彰状を授与しました。

  • 2019/07/30

    第533回太田道灌公報恩忌が7月28日伊勢原市の洞昌院にて執り行われました。安達住職の法要の後、料亭小宮にて懇親会を行いましたが、大阪、浜松はじめ関東一円から集まりました方々の珍しいお話に大いに盛り上がり、大河ドラマの実現に向けて結びつきが強まりました。

  • 2019/07/19

    7月19日伊勢原市民ホールで第20回の「太田道灌の集い」が開催されました。
    会には伊勢原市長、越生町長はじめ国会議員や県会議員、川崎市や川越市の関東各地の代表が出席し、大河ドラマ実現に向けて大いに盛り上がりました。
    今回の集いは大河ドラマを通して関東各地の連携が進んだことが特色です。その後、歌や踊りや落語を大いに楽しみました。

  • 2019/04/15

    NHK大河ドラマ申請の自治体組織図について現時点での最新版をご報告します。
    最新版はこちら