道灌紀行

作家尾崎氏の連載するブログ「道灌紀行は限りなく」
最新記事3件を表示しています。
詳細は「道灌紀行は限りなく」をご覧ください。

道灌紀行は限りなく
2021/02/09
東京都庁近くの新宿住友三角ビルの周辺広場は先ごろ整備されて、屋根付きガラス張りの立派な「三角広場」というイベント会場になりました。(新宿住友ビル・三角広場入口) かつての三角広場に立っていた、太田道灌ゆかりの黒猫玉ちゃんは、工事期間中に行方不明となり、愛好家を悩ませました。私は先日、三角広場の内外を歩き回り、ようやく迷子の玉ちゃんを発見しました。今、黒猫玉ちゃんは、三角広場東のサービスセンター脇に、相変わらずしっかりと玉を抱いて、立っています。ここはやはり、待ち合わせ場所とし..
2020/12/22
2020年12月21日((月)埼玉県のJR八高線越生駅の西口で「道灌おもてなしプラザ」の竣工式と太田道灌銅像の除幕式がとり行われました。新井雄啓越生町長の挨拶、NPO法人太田道灌顕彰会の太田資暁理事長のスピーチなどの後、テープカットと除幕が行われました。 (文武両道の太田道灌銅像)今回除幕された銅像は、1975年(昭和50年)4代目慶事丹長(けいじたんちょう)が制作した銅像です。神奈川県伊勢原市役所前に立つ「太田道灌公銅像」と同じ鋳型で造られた双子の兄弟像の一方です。この銅像..
2020/11/03
東京都江東区の富賀岡八幡宮と富岡八幡宮、神奈川県伊勢原市の西富岡八幡宮に共通する伝承は、太田道灌が崇敬したと伝えられる八幡像に由来します。 1.富賀岡八幡宮地下鉄東西線の南砂町駅東口より徒歩10分程の所に、富賀岡八幡宮があります。駅周辺にこの八幡の案内板はありませんが、元八幡通りを目指して行けば見つかります。当宮は深川の富岡八幡宮の元宮として、また、砂村総鎮守として広く知られています。その創建は古く、藤原鎌足の孫、藤原豊成卿が下総守に任じられ下向のみぎり、749年(天平勝宝元..