• 2017/11/25
    2017道灌びいきの会

    11月25日(土)道灌びいきの会では川崎の夢見ヶ先を探訪しました。川崎市幸区の加瀬山から兜塚まで歩きましたが、加瀬山の道灌の小祠や天照皇大神にお参りし、途中地元名主深瀬家の長屋門の説明を受け、鶴見川を渡り、鷲が道灌の兜を落としたと言われる駒岡の兜塚まで歩きました。好天の元、大変有意義な一日でした。

    夢見が先2

    夢見が先2

  • 千葉県松尾町の太田会報告

    千葉県松尾町の太田会報告

    平成29年10月28日(土)、千葉県山武市松尾町にて「太田会総会」が開催されましたのでご報告させていただきます。

    まずは「太田会」についてご紹介させていただきます。以前もこのイベント情報にて掲載させていただきましたが、江戸太田氏の流れを受け継いだ幕末の掛川藩にさかのぼります。明治維新を迎え、新政府による国替えにより駿河一帯の諸藩は房総へ転討となり、掛川藩主である太田資美公を筆頭に現在の千葉県山武市松尾町へ約2,000人の大移動であったそうです。その後、廃藩置県により資美公は東京の旧藩邸に戻ることとなりましたが、掛川から共に移動してきた当時の藩士は、その後脈々と代を引き継ぎ現在に至ります。
    その藩士の子孫によって、掛川から松尾、廃藩置県から現在に至る歴史を後世に伝えることを主眼とした組織がこの「太田会」となります。

    当日は、会の発足から51年間会長を務められた朝比奈先生の白寿祝賀会も催され終始和やかな雰囲気。磯邉新会長へのバトンタッチも滞りなくスムーズに移行されました。

    とはいえ、「太田会」では会員の高齢化に伴う後継者対策についての課題を共有し未来に向けた活発な議論もされ、有意義な時間となりました。

    これからも「太田会」について随時情報提供させていただきますので、よろしくお願いいたします。

    遠江掛川城太田備中守資美公の玄孫=道灌公第19代 太田資忠

  • 2017/07/19
    太田道灌を大河ドラマに!署名陳情に行ってきました。

    nhk_form

    本日7月11日、NHKへ11万人の署名を持って「2020年大河ドラマに太田道灌を」、の陳情に行ってきました。
    お会いしたのは
    制作局 局長の佐藤高彰さん、
    同局 ドラマ番組部長 藤澤浩一さん、
    同局 制作主幹 荒木利幸さん
    です。

    当方は
    伊勢原市、千代田区、荒川区、川越市、越生町の代表の方々です。
    出席者各自一言づつ陳情の言葉を述べまして、大いに訴えることが出来たと思っております。

    局長からの言葉は、中世の関東の歴史には大変興味をもっているが、
    いつも週に3件くらいは陳情があり、膨大な数の中から決めなければならないので、
    この場では回答出来ない旨発言がありました。

    しかし我々一同は少し手応えを感じてNHKを後にしました。

    以上ご報告します。

  • 2016/7/24
    太田道灌530回忌

    太田道灌530回忌

    伊勢原市洞昌院にて法要を行いました。
    530回忌の法要も珍しいと思いますが、
    道灌公も喜んでおられると思います。

     

  • 2016/7/26
    太田道灌山吹賞

    高橋香鶴

    当日は高円宮賞や総理大臣賞があって盛大でした。
    太田道灌山吹賞は人気が高いそうです。

  • NHKに陳情に行きました

    6月29日にNHK制作局長の若泉さんをお尋ねし2020年NHK大河ドラマに太田道灌を採用していただきたい旨お願いして来ました。6万人の目録をお渡ししました。局長は大変好意的に応対してくださいまして、1年間持たすには道灌の史料が少ないので集めてもらいたいと言っておられました。参加者は義家議員秘書大野さん、伊勢原市副市長宍戸さん、同観光主幹新倉さん、千代田区区議米田さん、川越観光協会専務理事加藤さん、道灌紀行作者尾崎さん、大河ドラマ実行委員会会長三上さん、それと私太田資暁が行ってきました。
    DSCN1977

  • 道灌びいきの会
  • NHK大河ドラマ

    伊勢原観ボラニュース

    詳しいPDFはこちら

    NHK_drama

  • 淑徳大学春の公開講座

    詳しいpdfはこちら

    淑徳大学オープンカレッジ
    syukutoku_20160207

  • 大河ドラマ

    NHK日刊スポーツ日刊スポーツ